NPOの概要

設立2022年9月6日
名称NPO 幸せのバトン
代表佐野 健士
事業所〒633-0422
奈良県宇陀市室生下田口1462-3
電話080-6726-3568
目的第二のふるさと人口を増やし、地元住民と感楽共鳴する町づくりを目指します
主な活動内容任意団体のNPOとして、主に以下2つの活動を実施します
・地域のネットワーク作り
・地域内外への体験型情報発信
活動運営資金皆さまからの寄付
「ITよろず応援隊 バトン」の収益の一部

①皆さまからの寄付

当NPOの活動は、基本は皆さまからの心温まる寄付で運営されています。
いただいた寄付と真心は、大切に使わせていただきますので、可能な範囲でどうぞよろしくお願いいたします。

↓ QRコード

②「ITよろず応援隊 バトン」の収益

「ITよろず応援隊」売り上げの10%は、当NPO活動資金と「子ども食堂」へ寄付金に充てさせていただきます。

↓ QRコード

NPO活動ご紹介リーフレット

リーフレット 表
リーフレット 裏

主な活動内容

地域のネットワーク作り

奈良県宇陀市内には、小さいですが、個性豊かなお店や企業がたくさんあります。
1個人、1企業だけで頑張るのではなく、それぞれがネットワークとしてつながることにより、「地域の顔」として、より大きなパワーを生んでいきます。
1つ1つの点が、”線”そして”面”とつなげることにより、より地域を活性化し、関係人口を増やす土台になっていきます!

体験型情報発信

「関係人口」という言葉をご存じでしょうか?
「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉です。
もっと分かりやすい言い方をすれば「第2のふるさと」として、感じてくれる人々のことです。

地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面しています。
そこで、この「関係人口(第2のふるさと)」と呼ばれる地域外の方々と、地元地域が双方につながり、地域活性化につなげていきたいと思っています。

「関係人口(第2のふるさと)」を増やすために、以下のような『体験型情報発信』を実施して参ります。

  • 地域との関わりを作るためのイベントや、交流プログラムなどの開催とその情報発信 <関係作り>
  • 地域と継続的につながっていたいと思う、いわゆる”地域ファンクラブ”への情報発信 <継続的応援>

幸せのバトンでは、地域との関係作り、地域への継続的応援とい観点から、この地域の「本当の姿」を発信していきます。
しかも、皆さんが単に受け身で情報を得るのではなく、自ら参加・体験して、「真の情報」を得られるようにしていきます。例えば、

  • 現地体験ツアー(実際に宇陀市にお越しいただき、地域ネットワークを含め、見て、聞いて、感じていただきます)
  • また、現地に来れない方のために「田舎の風景」を、YouTube動画発信/ライブ発信します(YouTube LIVE)
  • リモートなんでも相談(Web会議形式)

参照:総務省「関係人口」ポータルサイト